Home > Movie and TV > マッドマックス 怒りのデス・ロード

マッドマックス 怒りのデス・ロード

気がついたらBLOGを1年以上更新してなかった… twitterには向かない、多少まとまったBLOG向きに書きたいことということで、映画などのレビューをはじめます。

マッドマックスの旧作は見たことが無くて、知識として知っている程度だったが、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの前に上映された予告編を見て、そのクレイジーさに興味を持ったものの、基本的に暴力描写はしんどいので、スルーするつもりだったのだが、あまりの評判に見に行くことに。

ひとことで言えば、類まれなほど、美しい映画。キャラクター、プロット、シナリオ、映像、アクション。あらゆるエレメントが純粋でシンプルで、とてつもなく力強い。それが見事な構成で織りなされる、美しい世界。

フェリオサの左手が、ウォーボーイの腫瘍が、イモータンンの皮膚が、その背後、個性、歴史を物語る。これらの描写はけして、言葉で明言されることはない。シナリオとして、語ることと、垣間見せることの使い分けがこれほど絶妙な映画は、そうは無いだろう。

そして、一見ハッピーエンドに見える結末が語る絶望感。なぜマックスはコロニーを去るのか。コロニーの未来は多大なる障害が待ち受けている。フェリオサにはそれがまだ見えていない。だからマックスは去るのだ。希望はなくても、やるんだよ。やるしかないからやるんだよ。この結末があってこそ、マッドマックスがアポカリプスドラマのマスターピースたる由縁だろう。

そしてカルト映画たる由縁は、日常のあらゆる場面で、比喩として引用できること。仕事が忙しいとき、行き詰まったとき、ストレスを感じるとき。そういった時に思い起こされる物語は、人に勇気を与えてくれるのだ。

Comments:1

jennettewinnicki.wordpress.com 2017-05-28 (Sun) 18:14

Just desire to say your article is as amazing.
The clarity in your post is simply great and i could assume you are an expert
on this subject. Fine with your permission allow me to grab your RSS feed to keep up to date with forthcoming post.
Thanks a million and please continue the rewarding work.

Comment Form


Trackback:No Trackbacks

TrackBack URL for this entry
http://www.makion.net/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=458
Listed below are links to weblogs that reference
マッドマックス 怒りのデス・ロード from makion!log
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

Home > Movie and TV > マッドマックス 怒りのデス・ロード

Page Top