Home > Movie and TV > キングスマン

キングスマン

ぼくはゴア描写(人体切断など)が苦手だ。小学生の頃、ボーイスカウトで薪を割っていて、指を切りおとしそうになって以来、そういった描写は本当にダメ。エイリアン2で最も恐ろしいのは、冒頭のナイフの場面で、あれに比べればエイリアンの恐ろしさなど、取るに足らない。

この映画を見出して、冒頭のゴア描写でちょっと後悔したのだが、それでも面白さが先にたって、一気に見てしまった。シンプルでわかりやすいプロットとキャラクターたちが織りなす牽引力。感心するのが、この映画の中で用意されてた3つのアクションシーンが、見事に作劇場の序破急として用いられていること。最初のパブでのアクションはキングスマンとは何かを端的に描き、2つめの教会でのアクションは思ってもいなかった状況でありながら、作品の本質を描く。しして、三つ目の敵基地でのアクション(思わずひでぇと口走りながらニヤニヤしてしまう)は大きな衝撃と作家ならではの演出で、類い希なる爽快感をもたらす。

なにより、キャラクターの描き方が素晴らしい。状況がツライ主役のゲイリー。あらゆる状況を完璧に想定したクールガイでありながら、熱い人間味を兼ね備えたハリー。彼らのエピソードはもちろんだが、ゲイリーとロキシーが犬を撃てと言われた時の対比がすばらしい。その時、どう行動するかがキャラクター描写の本質なのだが、まさに教科書のような設定だ。

脚本、人物配置、シチュエーションの構造がとても上手く、映像センスも爽快感がある。数限りないオマージュも、テーマがはっきりしてるから嫌味にならない。

この感じはなんだろうと思ったら、ミュージカル映画に近い気がする。絶対にありえない描写が織りなす、作り物ならではの楽しさに満ちている。上品かつ悪趣味、テクニカルかつパッション、リアルと嘘っぽさ。相反する要素が醸し出す、フィクションならではの体験がここにある。

Comment Form


Trackback:No Trackbacks

TrackBack URL for this entry
http://www.makion.net/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=460
Listed below are links to weblogs that reference
キングスマン from makion!log
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

Home > Movie and TV > キングスマン

Page Top